ホワイトニングは自分のためだけでなく相手に良い印象を与えることができます!

 

黄ばんだ歯は・・・
・老けて見える
(同じ人物の写真でも、歯が黄ばんでいるだけで女性だと2.7歳、男性だと3.1歳老けて見えるという結果が出ているそうです)
・笑顔の輝きが減る
・口元に自信がなくなりコンプレックスに感じる
・不潔な印象を与える
・好きな人でも冷める、がっかりする
・だらしなく感じる
・自己管理ができないと思う
(アンケート結果より)

出典先:黄ばんだ歯は人生にマイナスの影響しかもたらさない

と、意見が多数あります。
歯が黄色いだけでデメリットしかないですね・・・。

それとは逆に、歯が白いと!!
「笑顔が輝いている」
「清潔感がある」
「モテそう」

など、圧倒的な好印象を得る結果となっています。
つまり、歯の色で相手に与える印象が大きく変わるのです。

白い歯になるだけで好印象を与えやすくなります。

口元を隠して笑う癖があった人が白い歯になって、気づいたら手で隠さずに笑っている自分に気づいてビックリした。という方もいました。
それくらい口元の清潔感は人が無意識のうちに行動や態度や精神に大きな影響を及ぼしているということです。
笑顔に自信がついて大きく口を開けて笑うようになり、自然と笑顔の時間が増えます。
笑顔の時間が増えるということは健康になりやすいという科学的な論文もあるくらいなので、良いことしかありません。

これは歯を白くするしかないですね。
ホワイトニングをするなら、

歯科とセルフケアの2種類があります。

ただし、歯科でのホワイトニングは
・ 保険適用外のため高額
・ 高濃度のホワイトニング剤がしみる症状が出る可能性がある
・ 通院の手間がかかる

などといったデメリットがあるので、挑戦するにはハードルが高い、通うのは難しいという人も少なくないです。
そのため、セルフケアでホワイトニングをする人が多いと思います。

しかし、自宅でできる市販のホワイトニング用品は白くする成分を入れる事が
法律で禁止されているので実際には白くなりません。

歯を白くするホワイトニングには他にも色々と種類があります。
・ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う
・消しゴムタイプ
・マニキュアタイプ
・シールタイプなど

自宅でできるホワイトニングは様々あるため、どれを選ぶか迷う人もいると思います。

どれも一長一短ありますが共通して言えることは、本当に効果のあるものに出会うまでに
時間と費用が重なり結局は「安物買いの銭失い」になってしまう場合が多いです。

それに何度か試しても効果を感じられなかった場合、ホワイトニング自体を諦めてしまう方が多いです。
実際に白くなった人の声が見える専門店などにお話を聞くほうが、
きちんとしたホワイトニングの情報と効果を得られます。

それにスタッフさんがその店舗でホワイトニングを実際にして、白くなった歯を見せてくれたりするので
目の前に成功例が見えるのも安心できます。