白い歯で笑顔に自信セルフホワイトニングでもっと輝く私へ

最近、歯の黄ばみが気になっていませんか?

実は毎日、歯磨きを頑張っていても歯の着色汚れは落ちにくいのです・・・
歯の白さを取り戻すためにセルフホワイトニングを行う人が増えています!

セルフホワイトニングは、歯科で行うホワイトニングよりも安く手軽に効果を実感できるとリピーターの方が増えています。

【セルフホワイトニング】

サロンや専門店で、ご自身でジェルを塗ったりして行うホワイトニング

メリット

・値段が安い(平均1回2,000〜5,000円)
・痛くない
・白くなったあとのキープの為の費用もかなり安く済む
・何度か通うので人によっては店舗のスタッフさんと仲良くなったり、ホワイトニングが楽しいものになる
・店舗とのご予約・約束になるので面倒になりやすい人でも続きやすい

デメリット

歯科のホワイトニングの方が一度での効果が大きいので何度か通う必要がある

【オフィスホワイトニング】

歯科にて歯科医にやってもらうホワイトニング

メリット

一度での効果が大きいので多くても5回来店以内にはかなり白くなる

デメリット

値段が高い(平均1回2万円〜10万円)
・痛い(薬剤が強く痛みを感じやすい)
・白くなったあともメンテナンスは必要なので、メンテナンス費用も高い

【ホームホワイトニング】

歯科で歯形を取ってもらいマウスピース作成後に自宅にて行うホワイトニング

メリット

自宅でできるのでいつでもできる
・歯型を取るのに初期コストがかかる(平均5〜10万円)
薬剤自体はそこまで高くないので(5000円〜1万円)キープのためのメンテナンスは手軽に続けられる

デメリット

ジェルを塗布したマウスピースを長時間(3〜8時間)つけていないといけないため、
その間制限がある。(喋りにくい、水分が取れない、コンタクトを外せないなど)
強い薬剤を長時間使用するので痛かったり知覚過敏の症状を感じる場合がある
・長時間のマウスピース装着を自宅で自分で続けなければいけないので、ダイエットや自宅での筋トレ、
勉強などと同じように継続する力がないと途中で辞めてしまう人が多い

番外編

【ホワイトニング歯磨き粉(国内)】

ホワイトニング効果を謳っている歯磨き粉商品を使って行うホワイトニング

メリット

歯磨きの習慣があるので日常的に行える

デメリット

国内の歯磨き粉には、ホワイトニング効果がある成分を入れる事ができないため、ほとんど白くならない

【ホワイトニング歯磨き粉(海外から個人輸入)】

アメリカなどのホワイトニング歯磨き粉を個人で輸入または、現地で買い行うホワイトニング

メリット

アメリカの歯磨き粉はホワイトニング効果のある成分が入っているので白さキープに期待できる
日々の歯磨きでゆっくりとホワイトニング効果を得られお手軽

デメリット

外国産の歯磨き粉を個人輸入で使用した場合は基本的に何が起きても自己責任なので、
万が一に何か起きたとしてもご自身で責任を持つ必要がある

まとめ

5〜10年前まではホワイトニングをするには歯科しか選択肢がほとんどなかったが、現在は様々な方法がある。
ここ最近はセルフホワイトニングが大人気で、安く・痛みなく・短時間で白くなるので続けやすいというのは人気の理由なんだと感じます。
値段が安いので体験してみるという事もできるのも大事な要素ですね。