【2020年5月最新】虫歯があってもできる⁈ 歯の治療中のホワイトニングについて よくある質問3つ

こんにちは。

これまでに5000人以上の歯を白くするお手伝いをしてきた

LOVEホワイトニング池袋店長の市川です。

 

歯の治療中はホワイトニングができるのか。

よくある質問に答えていきます。

 

1、虫歯がある場合

 

結論からいうと虫歯があってもホワイトニングはできます。

治療中であれば、担当の先生の判断にもよりますが。症状が軽度の場合ホワイトニングをしても特に問題はございません。

同時進行も可能ですので、ホワイトニングより虫歯治療を優先しましょう。

 

2、詰め物がある場合

 

虫歯の治療などで、歯の一部に詰め物や被せ物をしている人もいるでしょう。

詰め物や被せ物のような人工の歯は、ホワイトニングをしてもそのものの色は変わりません。

ですが、食事なのでついてしまった汚れは落とすことができます。

また、詰めなおしや被せ物の作り直しの予定がある方は、周りの歯の色に合わせて改めて作られるので、その前にホワイトニングをされることをおすすめします。

 

クリーニングとホワイトニングのちがい

 

クリーニング=歯の掃除(色は変わらない)

ホワイトニング=表面の色を改善(歯石はとれない)

 

どちらも歯を綺麗な状態にするものですが、まったく別のものなので注意しましょう。

 

いかがでしたか?             薬剤師と相談をしているイラスト         

これらのことを踏まえて、安心してホワイトニングを受けるには担当の先生とよく相談し、期間に余裕を持っておくことが大切です(*^^)v

関連記事

  1. 【2020年5月最新】 ホワイトニング後におすすめの食べ物 …

  2. 【2020年5月最新】~これを知れば色戻りしない~ ホワイト…

  3. 【2020年5月最新】普段のケアで白い歯をキープする方法 ホ…

  4. 【2020年5月最新】どんな人がしてる? ホワイトニングを始…

  5. 【2020年5月最新】始める前に知っておきたい ホワイトニン…

  6. 【2020年5月最新】自分に合ったホワイトニングの種類を知る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。